丹沢 鍋焼きうどんを食べに鍋割山へ

神奈川県秦野市にある鍋割山へ登ってきました。

大倉から山頂まで片道7.6Km、往復15.2Km。

こんな長い登山コースは初めてだったので、限界を超えたかもしれません。

疲れ果てました。

 

f:id:marysabrina2005:20181028180340j:plain

 

ここから本格的な登山道に入ります。

ここまでは舗装された道路だったり、砂利道だったり。

途中で狩猟の方たちと出会いました。

少しお話を聞くと、鹿が増えすぎたから山梨方面へ逃がすんだそう。

まだヤマビルがいるから気を付けてと言われビビります。

10月下旬でもヤマビルは活動しているようです。

 

f:id:marysabrina2005:20181028180618j:plain

 

登山道は高低差がほとんどなく、歩きやすいです。

 

f:id:marysabrina2005:20181028180752j:plain

 

 

f:id:marysabrina2005:20181028180849j:plain

 

 

f:id:marysabrina2005:20181028180933j:plain

 

ここまできたら山頂まであと少し。

自分を鼓舞します。

お腹ペコペコなので、頭の中は鍋焼きうどんでいっぱいです。

 

f:id:marysabrina2005:20181028181035j:plain

 

やったー、到着です。

一目散に山荘で鍋焼きうどんを注文します。

頑固そうな店主から、できるまで店内で待つように、お金は先払い、返却時は鍋を重ねること、などなど指示を受けます。

 

f:id:marysabrina2005:20181028181354j:plain

 

カボチャの天ぷらまで入っています。

山頂でこんな立派な鍋焼きうどんを食べられるなんて思っていませんでした。

味も抜群に美味しいです。

頑固おやじなんていってごめんなさい。

 

f:id:marysabrina2005:20181028181551j:plain

 

食後は宴会です。

ビールやらサングリアやら。

鍋割山の山頂で飲むサングリアは格別。

 

f:id:marysabrina2005:20181028181658j:plain

 

下山します。

 

f:id:marysabrina2005:20181028181820j:plain

 

何かの川の源流。

 

f:id:marysabrina2005:20181028181859j:plain

 

写真がぼけていますが、登山道の入り口はこんな感じです。

幸いなことに往路も復路もヤマビルの被害に遭いませんでした。

 

下山の歩き方がよくなかったみたいで、膝痛が翌日まで続きました。

このところ上手に下山できていたのですが、グループで登るとどうしても相手に合わせてしまいペースが乱れます。

鍋割山は気に入ったので、また登頂しようと思います。