愚痴を吐くための飲み会に召集されたPart2

f:id:marysabrina2005:20180716125001j:plain

飲み会で愚痴をこぼし続けることが好きではありません。

以前は大好物でしたが、最近は特定人物の愚痴や悪口を言い合う行為を不快に感じるようになりました。

 

今回召集されている飲み会は『とある職種の女性陣』に不満を持っている『別の職種の女性陣』が主催です。

呼ばれる=断るという選択肢は与えられていません。

 

彼女らのバトルを薄々感じてはいましたが、各々うっぷんが溜まっているようです。

ようですというか、かなり溜まっているのがやり取りを通して垣間見れます。

表面上は仲良しなのですが、お腹の中は・・・という女性特有の探り合いです。

きっと男性社員は気づいていないと思います。

私は同性ですし、彼女らを長年見てきているので、「これは・・・」と変化を感じていました。

 

このバトルに関して、私はまっっっっっっっったくの部外者です。

何も関係がありません。

私が召集された理由は、聞き役としてです。

「大奥ではこんなことが起きているのか、ふむふむ。」とドラマをのぞく好奇心で参加してきます。

 

少し前にも愚痴を吐くための飲み会に召集されました。

www.sabrina-poppins.com