生理との戦いは続く

f:id:marysabrina2005:20180813214557j:plain

 

女性であれば月に1度生理が来ます。

私はこの生理に高校生の頃から悩まされ続けています。

高校時代は、生理痛が重すぎて意識を失うことが度々。

とても学校に行ける状態ではなく、生理期間の数日は休んでいました。

月の半分は鎮痛剤を飲んでおり、こんな生活続けていたらいつか死ぬと思っていました。

 

大学生になる頃には、意識を失うことはなくなりましたが、お腹が痛すぎて歩けなくて部屋を這っていました。

さらに嘔吐と下痢でフラフラな状態です。

やはり授業は休んでいました。

相変わらず鎮痛剤飲みまくり生活です。

 

社会人になっても変わらず生理痛との戦いは続きます。

働きはじめると、生理痛にプラスしてイライラが止まらなくなりました。

次第に自分でコントロールできなくなり、職場で同期や同僚に当たり、自己嫌悪に陥る日々。

さらに、生理前になると気持ちが落ち込むようになりました。

自分の愚かさに嫌気がさし、生きてたってしょうがない。私は何の価値もない人間。消えたほうがいい。

と思うようになりました。

特に会社帰りの電車やバスの中でそう思っていました。

1人になると自分で自分をどんどん責めて、どんどん落ち込んでいきました。

しかし、生理がくるとなんのこっちゃ、元気いっぱいに戻ります。

 

そんな生活が数年続き、次第に精神面の落ち込みが深刻化していきました。

生理前になると死にたくなり、電車に飛び込む自分を何度シミュレーションしたことか。

死にたい。消えたい。この世からいなくなりたいと思うようになりました。

そしてある日、職場でパニック状態になってドクターストップ。

仕事を休職することになりました。

ここまで追い込まれたのは、大きなストレスが原因だと思っています。

職場で求められる存在になりたくて背伸びしすぎたこと、環境の変化に上手く対応できなかったこと、調子が良く平気で嘘をつく同僚との関係。

これらが同時期にのしかかり、私はキャパオーバーとなりました。

 

f:id:marysabrina2005:20180813214744j:plain

 

この現状を打破するために頼ったのが漢方です。

漢方クリニックに月1回通い、症状に合わせて薬を調合してもらっています。

漢方を毎日煎じる手間はありますが、飲み始めてもうすぐ1年、体の変化を感じ始めています。

生理前にはこれだけでは足りなくて、抗うつ剤も飲んでいます。

抗うつ剤ってギョッとする方が多いかもしれませんが、これを飲めば健康な生活が送れるのです。

20年以上、生理に悩まされ続けてきた私には、これを飲めば治るっていう答えがあるのは夢のようなことです。

最近では、抗うつ剤を飲む頻度が毎日から生理前だけに減ってきました。

 

f:id:marysabrina2005:20180813220242j:plain

 

職場でパニック状態になったのが1年前の8月でした。

しかも35歳の誕生日。

大きすぎるプレゼントでした。

ここまで元気になったのに、誕生日がきたらまた1年前に戻ってしまうんじゃないかって、実は怖くてたまりません。

8月がくることが、ずっと怖かった。

ただただ早く過ぎ去ってくれるのを祈るばかりです。

今年を無事乗り越えられたら、私はもう大丈夫な気がします。

 

休職から復職までの記録は残してあるのですが、ブログにしたいとまだ思えないので、そのうちに。

最近思うのは、こんな面倒くさい私を受け入れてくれる男性はいるのかなあって。

結婚を匂わせてくる男友達はいるけど、私のこういう部分は見せていません。

いつでも自分を応援してくれて、大きな心で受け入れてくれる女性だと思っているはずです。

私は受け入れるより受け入れてもらいたい。

そんなことを考えていると、友達のままでいるほうが楽って思っちゃう。

結婚願望ってどうやったら湧いてくるんだろう。

そもそも今、喧嘩中なんですけどね。