東方神起ファンあるある ライブ編

こんにちは、道子です。

私は東方神起ファンです。

サバイバーでがなるユチョンに恋をし、ユチョペンからオルペンへと変化してきたビギストです。

 

これは自分の「ライブあるある」なのですが、トンペンなら「そうそう!」って共感していただけるのではないでしょうか。

 

東方神起ファンあるある 

ライブ編

1.ライブは行くのではない。会いに行く。

 ライブ前の友人との会話は、「2人に会うの1年ぶりだから楽しみ。」という感じに。

 

2.会場に向かっている途中でビギストを見かけるとバッグを確認する

この人、初日行ったのね。しかもプレミアムシート!

という感じに。

 

私はライブ前からテンション上がっているので、ビギスト見ると話しかけたくなります。

この胸の高鳴りを共有しほしい。

 

3.会場前ではバナーの写真撮影

バナーというのでしょうか。

正式名称が分からないんのですが、会場正面に「2017年ビアゲツアー」って横向きの看板ありますよね。

とりあえす写真撮ります。トントラも。

 

4.天井席でもいいの。同じ時間を共有できるなら。

同じ空間にいられるだけで幸せなの。

同じ時代に生きていてよかった。

 

5.トイレでは念入りに髪型直し、メイク直し

とくにプレミアムシート。これ、みんなやるでしょ。

プレミアムシートのトイレって比較的空いてるけど、手洗い場の人口密度が高い。

メイク直しと髪型直しに余念がありません。

 

私が見た強者は、コテ持参で髪の毛巻き直してる人と、ドライヤー持参でセットし直してる人です。

 

6.開演前のSAMさん登場で拍手

サムさんが着席したら開演の合図。

毎度ユノとチャンミンの魅了を生かすライブをプロデュースしていただきありがとうございます。

 

7.オープニングの映像でテンション急上昇

会場が暗転してからのオープニング映像でテンション急上昇です。

映像もかっこいいんです。いつもむちゃくちゃ強いんです。

 

2人どっから出てくる?上?横?センター?サブステ?

ってドキドキして2人が出てきてテンションMAX。

毎回鳥肌立ちます。

 

8.曲の合いの手に命かけてる

完璧な合いの手と振りによりライブは120%楽しめます。

そして自分と東方神起と会場で一体感が生まれます。

これが何より楽しい。

 

天井席から「キープ ユア ヘッド ダーン」ってペンライトが落ちてゆく様子は感動です。

天井席でしか見れない光景。

 

9.曲と曲の間のドラマでなぜか笑っちゃう

先に謝ります。ごめんなさい。

 

まず、想定がぶっ飛んでる。

2人が異常に強い。

 

特にユノの演技でクスッとしてしまう。

なんでだろう。毎回微笑ましいのです。

 

ユノが好きすぎて身内の演技を見ているような心境になってしまうんだろうか。

会場のトンペンも同じようなリアクションです。

好きすぎるっていうのと、この子大丈夫かしらっていう親心でしょうか。

 

10.東方神起が泣けば自分も泣く

私は必ず泣きます。

ユノが泣けば泣く。チャンミンが泣けばもっと泣く。

2015年4月の東京ドームを思い出します。

 

11.東方バンド、東方ダンサーさんも全力で応援

彼らに会えることも楽しみの1つ。

皆が全力でライブを作り上げてくれているのが伝わってくるから、こちらも全力で声援を送ります。

バンドとダンサー紹介コーナーが毎回ほんと楽しみです。

 

12.アンコールの音頭はフクチョーさんに任せる

毎度ありがとうございます。

フクチョーさんのペンライトが頼りです。

 

f:id:marysabrina2005:20180120104508j:plain

 

ライブ準備編 

1.新曲の合いの手をユーチューブで予習

カシちゃんが作ってくれた合いの手をユーチューブで探して予習します。

日本語バージョンを上げてくださる方もいるので助かります。

 掛け声と振りは大切です。

 

2.チケットは取れるだけ取る

ビギストの友達と協力して行けるだけ行く。

追加が出ることを見越して日程とお金の調整をしておく。

 

西へ東へ海外へ。

遠征は当たり前。

同一会場2days、3daysも当たり前。

 

ファンでない人から、同じステージ何回も見てどうするの?ってよく聞かれます。

そもそも質問の意味が分かりません。

何回でも会いたいんです。

 

3.ATMの自覚はある

なんと呼ばれたっていいの。

そう、私たちはATM。

 

まとめ

東方神起愛が強すぎて何個で書けてしまいます。

東方神起って素敵です。

 

間近で見ると本当にかっこいい。

ビジュアルだけでなく、彼らの芯が通った生き方、考え方、姿勢すべてにおいて尊敬できます。

だからこそ、ファンからこんなにも愛され支持されているグループなのです

 


人気ブログランキング