40歳を節目と捉え決めたこと(金銭面)

こんにちは、道子です。

私は40歳を人生の節目と位置づけています。

30歳になったときに、40歳でセミリタイアしようと考えました。

先に言っちゃうと、金銭面でそれは難しそうです。

(40歳まであと5年あるので、ウルトラCが起きることを願います。)

 

40歳を人生の節目と捉え30歳で決めたこと

①保険の満期を40歳にする。

60歳まで払うべきところを短縮しているので、月々の支払額は髙いです。

しかし40歳で保険料を払い終えているという安心感は大きい。

セミリタイアにも踏み切りやすくなります。

 

② 月〇万円ずつ貯金する

セミリタイア後のおおよその生活費を計算し、逆算して毎月の貯金額を決めました。

(具体的な金額は内緒)

 

③ボーナスは2/3貯金する
セミリタイア資金を増産させるためにボーナスはほぼ貯金です。

でも全部貯金だと楽しみがないから2/3としました。

 

毎月の給料とボーナス時に貯金をしていますが、「ぜったいにする」とはしていません。

海外旅行にも行きたいし、パソコンや携帯電話など買替もあります。

服や靴も買いたいしピラティスにも行きたい。

美味しいものも食べたい。素敵な場所にも行きたい。

 

だから、貯金できない月は思い切ってしていません。

カツカツしてたら働く意欲が枯渇します。

 

f:id:marysabrina2005:20180211221024j:plain

 

現在35歳、40歳の目標まで折り返しにきました。

あと5年、毎日を楽しみながら40歳へ向かってゆるーく進んでいきます。