ブログやる意味を考えてみた

こんにちは、道子です。

知人から、「ブログなんてやめなよ。どこ行った、何食べた、とか自分の中に留めておけばいいじゃん。」と言われました。

そういう考え方があるのかと妙に納得。

 

ブログ=「つまらない」とも受け取れるんですね。

そこで、自分はなぜブログをやっているのか?今1度考えます。

 

自分がブログをやる理由

アウトプットする場がほしいから。

この一言に尽きます。

 

そう思う理由

  • 見聞きしたこと、考えたこと、感じたこと、をもう1度整理して発信したい。
  • 職場も自宅もインプット寄りの環境であるため、意識的にアウトプットする機会を作りたい。

さらに頭を整理して、文章校正を考えて、記事を作成す一連の作業は楽しいです。

私はインプットからアウトプットする過程が好きなのかもしれない。

 

アウトプットすることのメリット

  • 記事を書く作業により伝える力が身につく。文章力が上がる。
  • 自分の思考・意見が確立する。

インプットのみだと、情報や知識が頭の中でバラバラの状態。

それらをアウトプットするには、バラバラの破片を第三者に説明できる状態に持っていく。読み手へ意味が伝わるように体系立てる必要があります。

アウトプットが上手になれば、自身の成長につながると私は思っています。

 

 まとめ

アウトプットの方法として、「ブログ」というツールは打って付けではないでしょうか。

よい練習になります。

私自身ブログを始めて間もないため、そう実感しています。

 

インプットだけで十分という人もいれば、私のように外へ発信する場がほしいという人もいるし十人十色。

結局のところ、知識の定着にはインプットとアウトプットのいずれも重要で、その比重は人により異なる。

 

本日のまとめはこんなところでしょうか。