古典のすすめを読んでいます

こんにちは、道子です。

「古典のすすめ 谷知子 角川選書」という本を今読んでいます。

f:id:marysabrina2005:20180321150207j:plain

この本を選んだきっかけは佐藤優さんです。

私は佐藤優さんの本をよく読むのですが、著書の中で古典文学を薦めていらっしゃることが多いのです。

聖書、コーラン、孔子、方丈記など多種にわたりです。

その影響を受け、旧約聖書、新約聖書、コーランをざっくりですが読みました。

そして今回、図書館の新刊コーナーにあったこの本を手に取りました。

入門編として取っつきやすそうだからです。

 

本の感想を述べるのは苦手なので割愛しますが、古典を学ぶことで歴史を学び、時代の流れを学び、処世術を学び、生き方を学び、人生を学ぶことができるのではないかと思います。

 

「古典のすすめ」ではテーマに沿って様々な書物から文章を抜粋しています。

和歌を送りあっていた時代の日本語は美しく、色や情景を感じます。

古典文学の入り口として、この中で気になる書物を探しながら読み進めるのが今の楽しみです。

 

 


人気ブログランキング