5ヶ月間の休職を経て復職

こんにちは、道子です。

メンタル経由で体調を崩し、約5か月間休職しました。

そして復職し、1週間が経ちました。

 

体調を崩す~休職期間中までのことは、おいおい記事にします。

今回は復職1日目の体験をまとめます。

 

復職1日目

自宅で朝ごはん食べていると緊張しはじめました。

通勤途中もドキドキ。

「そりゃそうだ。久しぶりの出勤だから。」

と当然と冷静に受け止め、ピラティスで習った胸式呼吸を実践しました。

 

鼻から息を吸い込み胸を膨らませます。

肺に空気をたっぷり送り込むイメージ。

口から息を吐き、お腹を凹ませます。

胸からおへそへ向けてぐーっと凹ませるイメージ。

 

この呼吸法を何度か繰り返すことで緊張がほぐれました。

行くまではドキドキして胸式呼吸を繰り返しましたが、職場へ着くと全く緊張しなくなりました。

 

上司と今後の働き方についてヒアリングを行い、同僚から引継ぎを受け、業務開始。

5か月間休んでいた割には驚くほどサクサク動けました。

頭よりも体が覚えています。

休職直前は頭と体がフリーズして何もできなくなってしまったので、復職1日目から動けたことは嬉しかったです。

 

まわりからは、1日目からこんな普通に働くの?!と驚かれました。

私自身もそう思いました。

人手が足りないから仕方ないです。

 

f:id:marysabrina2005:20180212203900j:plain

 

うつは復職後にぶり返す可能性が高い病気です。

あれもこれもできると調子に乗ってはいけないと肝に銘じています。

休職中も焦りから動き回って、振り出しに戻りかけた苦い経験があります。

まわりのフォローには勇気をもって甘え、感謝の気持ちを持とうと思います。

 

本来、時間を1分でも無駄にするのが嫌いだから同時タスク、人に頼むなら自分でやる性分なので、人に甘えるのは苦手です。

でもスタートからエンジンフル稼働は危険なので、ここはギアチェンジ。

復職後の1か月は、急がずゆっくり気味で環境と生活リズムに慣れることに重点を置きます。

 

 


人気ブログランキング