飛騨高山 飛騨国分寺

こんにちは、道子です。

岐阜県高山市にある飛騨国分寺を参拝しました。

 

飛騨国分寺

境内には樹齢1200年以上といわれる大イチョウと三重塔がそびえます。

本堂は室町時代の建立で、国の重要文化財に指定されています。

本尊には薬師如来坐像等が安置されてます。

 

大イチョウ

こちらが樹齢1200年以上と推定される大銀杏です。

f:id:marysabrina2005:20180111141328j:plain

 

 

f:id:marysabrina2005:20180111141425j:plain

 

大銀杏のほこらにお地蔵さんがいました。

 

f:id:marysabrina2005:20180111145538j:plain

 

 

三重塔

741年、聖武天皇の勅願によって建立されるも、炎上、損傷を重ねた。

現在の塔は1791年の大風による倒壊後、庶民の喜捨浄財800両と大工5500人を投じて建てられた。

飛騨地方唯一の三重塔です。

 

f:id:marysabrina2005:20180111145700j:plain 

 

御本堂

741年、聖武天皇の詔を起源とする。

建築様式は室町時代で、桃山時代に大改修が行われた。

本像は重要文化財に指定されている薬師如来像です。

 

f:id:marysabrina2005:20180111145859j:plain

 

 

御朱印

f:id:marysabrina2005:20180111150525j:plain

 

 

 アクセス

JR高山駅より徒歩5分

駅から鍛冶橋に向かっていく途中、左手に三重塔が見えてきます。

 

 


人気ブログランキング