北海道初山別村への旅行

こんにちは、道子です。

私は旅が好きで、月に1回のペースで出かけています。

あと、秋田、山口、愛媛、徳島、佐賀の5県に上陸すれば、47都道府県を制覇できます。

そんな著者が国内で1番印象に残っている場所は、北海道苫前郡初山別村

北海道の北のはずれにある人口は約12,000人の小さな村です。

今回は、初山別村をご紹介します。

 

 

初山別村の場所

 

f:id:marysabrina2005:20171212101845p:plain

 

アクセス

アクセス方法は新千歳空港、旭川空港、稚内空港からレンタカーもしくはバス、電車を乗り継ぐ必要があります。

 

私は新千歳空港から札幌駅へ出て、高速バス特急はぼろ号へ乗り、バス停「初山別」で下車しました。

高速バスに乗っている時間は約220分。

途中トイレ休憩が1回あります。

乗車時間が長くて疲れますがオロロンラインを北へ向かって突き進む爽快感は格別です。

 

バスや電車で行くのは本数が少ないため乗り継ぎが大変です。

 

バス停「初山別」を降りてからホテルまでのルート

バス停を降りてから20~30分歩きます。

バス停がホテルより稚内よりのため、戻るかんじになります。

 

f:id:marysabrina2005:20171212105008j:plain

 

青と黄色の看板がホテルのある「みさき公園」への目印です。

看板を右折します。

 

f:id:marysabrina2005:20171212105145j:plain

 

ここからがけっこう長い。

ひたすら歩きます。

 

f:id:marysabrina2005:20171212105356j:plain

 

まだまだ。

車だったらピューなのに。

 

f:id:marysabrina2005:20171212105536j:plain

 

これは進行方向逆から撮影しています。

道の駅「☆ロマン街道しょさんべつ」が見えてきたらホテルみさきの湯はもうすぐです。

 

※帰りは、ホテルからバス停まで送迎していただいたので楽ちんでした。

 

宿泊

ホテルは村に1軒です。

しょさんべつ温泉ホテル岬の湯

 

敷地内が公園になっており、オートキャンプ場とバンガローが併設されています。

オートキャンプ場は綺麗で使い勝手がよさそうで、次は利用してみたい場所です。

 

さ・ら・に、広大なパークゴルフ場、ゴーカート場があるのです。

これがものすごく楽しそう。

私はあいにくの雨で利用できなかったのが本当に残念。。

 

道の駅「☆ロマン街道しょさんべつ」も同じ敷地内にあり、とにかくでっかい敷地に色んな施設があるんです。

 

f:id:marysabrina2005:20171212104555j:plain

温泉

ここのホテルは温泉があります。

ありがたい。温泉につかるだけで疲れがとれます。

露天風呂からは日本海を一望でき、天気が良い日は利尻富士を眺めることができます。

 

悪天候で露天風呂につかれなかったのが心残り。。

 

ホテル宿泊者は無料で温泉を利用できます。

 

しょさんべつ天文台

初山別といえばこれ。

天文台です。

 

f:id:marysabrina2005:20171212110445j:plain

 

白線流しのロケ地としても有名です。

私も白線流しファンの1人。

ドラマのシーンが印象強く残っていて、いつかここにと思っいました。

 

私が訪れたときは、利用客が3名しかおらず最終的には自分だけになっていました。

管理の方(なんてお呼びすればいいのか分からないので、先生とお呼びしていました)が惑星や、星の説明を丁寧にしてくださいます。

自分だけなので、あれが見たいこれが見たいというワガママにも答えていただきました。

 

なかでも感動したのが土星です。

天体望遠鏡から観測する土星は、自分の知っている土星とは全く異なっていました。

「惑星」なんだと強く意識するとともに、なんていうか月並みな表現ですが美しかった。

感動しました。

 

札幌からここまで遠すぎだし、天気も悪いし、寒いし、来たことに少し後悔していたのですが、全部吹き飛びました。

 

まわらは海、高層ビルもない、何もないからこそ、素晴らしい星空を堪能できるんです。

代えがたい贅沢な時間。

 

星に名前をつけちゃおうマイスターズシステム

素敵なサービス、マイスターズシステムの概要はこちらです。

 

~初山別村ホームページより引用~

夜空に輝く星は無数にありますが、そのすべてに名前が付いているわけではありません。その大半は認識番号が付いているだけ。その名もない星の一つを個人で所有してもらい、名前をつけてもらおう、というのが My Stars systemです。
つけていただいた名前は初山別村がその星とともに登録し、永遠に保管します。
恋人の名前、子供の名前、自分だけがわかる暗号・・・
二人の愛の誓いとして、あるいは大切な誰かの思い出として・・・

星の名前は特に制限はありません。他の誰かをも傷つけないというただ一つのルールを守っていただければ(それと字数など若干の約束事と)。
もちろん、星の所有が公式に認められたり、つけた名前が学術的に認められたりすることはありません。けれど、初山別村においては、その星はまぎれもなくその人の星として、星の名前とともに永遠に登録・保管されます。            

 

しょさんべつ天文台概要

ホテル宿泊客は、フロントに申出ると天文台の入館券をもらえます。

入館料は200円です。

冬季休館ですので、行かれる際はホームページにてご確認ください。

 

しょさんべつ天文台ホームページ

http://www.vill.shosanbetsu.lg.jp/shtenmon/

 

金比羅神社

f:id:marysabrina2005:20171212114330j:plain

 

キャンプ場から神社へ向かう遊歩道があります。
昔この岬に流れ着いた金毘羅様の御札を地元の漁師が奉った後、この付近での海難事故が減ったと言い伝えられているそう。

 

海の中に建つ鳥居に重なる夕陽が有名なのですが、あいにくの天気でして。

海が荒れていて、この写真を撮った場所より鳥居に近づくことができませんでした。

波の高さに足がすくんだ。。

 

鳥居しかないため御朱印はいただけていません。

 

初山別へ旅行した感想

こんなこといったら失礼ですが、何もないです。

廃墟と廃牧草地が点在していて、人が少ないのは見て明らか。

電車も廃線になっており、過疎化、都市部への人口集中の現実を目の当たりにしました。

ちょっと考えてしまうことが多い旅でもありました。

だから未だに印象深く光景が脳裏に残っています。

 

f:id:marysabrina2005:20171212115812j:plain

 

でも何も考えずにのんびりするにはこれほど最適な場所はないです。

天文台で輝く星を観察し、温泉で日本海の大海原を堪能し、名物のフグ料理をいただく。

最高じゃないですか。

 


人気ブログランキング