成人式の思い出

こんにちは、道子です。

今年の成人式の振袖騒動を今日知りました。

テレビをほとんど見ないので情報に疎い。

当日楽しみにしていた女の子は辛い思いをしましたね。

振袖って1年くらい前から予約してるのに、それを土壇場でってあまりにもひどい。

 

といいながら、私は成人式に出席してません。

なぜかというと、興味がなかった。

行ってもしょうがないなーって。

旧友と特段会いたいわけでもないし。

みんなが振袖の場に振袖着ていっても目立たないし。

振袖代も高いし。

 

結果的に、成人式の翌日から大学のテスト期間だったので必死で勉強してレポート書いてました。式どころじゃなかった。

不参加にした自分グッジョブ!と思った記憶があります。

 

私は振袖よりも「卒業式の袴」に並々ならぬ情熱を燃やしていました。

袴を着るために進学したといっても過言ではないくらい。

「卒業式で袴履いてブーツ履いて大正の女学生みたいになる」ことに憧れる二十歳だった。

 

価値観は様々ですが、目立つか目立たないかに焦点を絞ると、成人式で着ても目立たないと思う。

女子たちほぼ振袖でしょ。

目立つのは、友人の結婚式に列席したとき。

みんなドレスなので、目立つこと間違いなし。

さらに新郎新婦やその親族からは、華を添えてくれてありがとうって喜んでいただけます。

 


人気ブログランキング